カメラワークショップに参加!子どもと美術館 ナショナルギャラリーでの楽しみ方②

ロンドン芸術




ただ連れて行くだけではもったいない!子どもと美術館 ナショナルギャラリーでの楽しみ方①では子どもと美術鑑賞を楽しくする方法をお伝えしましたが、今回はもっと楽しい(!)、ナショナルギャラリー開催の、子供向けワークショップのお話です。

予約不要で無料、英語ができなくてもOK。

気軽に参加できちゃいます。



ナショナルギャラリーの子供向けカメラアクティビティ

 

今回私達が参加したのは” Still moving” というテーマで、

「静止物を工夫しながらカメラで撮り、そのたくさん撮った写真をスタッフがつなぎ合わせてスクリーンに映し出してくれる」

というものでした。

ナショナルギャラリーのファミリーイベントはこちら

 

 

最初の導入部分はスタッフがやり方を教えてくれます。

「ここにある物とライトを好きに使って良いので、自分達で色々動かして、固定カメラでたくさん写真を撮ってみてね!」

という感じ。

 

 

子供たちは協力・分担しながら、それはそれは熱心に、色んな構図の写真を撮っていました。

ライトの光がかなり強いので、かならず上から下を照らすように(横や上に向けて人の顔に当たらないように)要注意です。

 

熱くなって、製作過程で時々揉めながら(笑)、一生懸命に完成させましたよ。

 

 

後ろのスクリーンに、できた写真をつなげて動画にしたものを、スタッフが映してくれます。

本来はその作業は一日の終わりにやる、という事でしたが、一人のスタッフが、「今からすぐにやってあげるよ」と言ってくださり、約40分後にその繋げた動画を観ることができました。



トラファルガースクエアで鬼ごっこ

 

待ち時間の間はトラファルガースクエアで遊んだり、ショップでお土産を購入したり。

春休み中のトラファルガースクエアには子どもがたくさんいました。

鬼ごっこをしている子ども達がちらほらおり、広いので人とぶつかる心配もありません。

やっぱり体を動かすのは理屈抜きで楽しい☆

ロンドンの公園でアクティブに遊ぶ☆バタシーパークでバナナ自転車に乗ろう

2018.04.11

ブルーベルが見頃のオスタリーパーク【2018】ロンドン

2018.04.24

ブルーベルの名所 アッシュリッジを子どもと楽しむ

2018.05.01

 

スクリーンに映る自分の作品を観る

 

戻って来てスクリーンを見ると、映ってる映ってる♪

たくさん撮った写真なのに、つなげて動画にするとあっという間!

 

  • ライトの使い方で、光を強く当て過ぎた写真は白っぽくなってしまう
  • 後ろで黒子役をやっている人の姿が入らないように工夫
  • 写真と写真の合間に顔を入れてみても動画としては面白い

等々、子供たちなりに様々な事を感じたと思います。

チェス太
やはり子ども達にとっては絵画を鑑賞するだけよりも、
自分たちで試行錯誤しながら創作する時間があると、熱中してより楽しめますね!




通常開催されている子供向けアクティビティ

ちなみにこのカメラセッションは年齢制限なしでしたが、普段は年齢別で分けられているものが多いです。

 

 

直近だと上記のようなものがありますので、

親子でナショナルギャラリーにお越しの際は、是非ご参加されてみてはいかがでしょうか。



子どもお気に入りの絵画を家に飾る

おまけに・・子どもが一番気に入ったという絵をプリントしたものを1枚買って現在リビングに飾っているのですが、

彼が一番気に入った絵は、アンリ・ルソー「熱帯林のなかのトラ」でした!

 

素朴な風景画が好きな私とは全く違う嗜好・・。

お子さんがどの絵を一番気に入るかも、面白いところですね!

まずは自分の気に入った絵からでも、親しみを持ってもらえたらと思います。

次の記事へ>>>オーロラを観にフィンランドの北極圏へ。宿選び 1

ナショナルギャラリー

Open daily 10am–6pm
Friday until 9pm

入場無料

Trafalgar Square, London
WC2N 5DN

最寄り駅: Charing Cross, Leicester Square