夏のハイドパークに出現する期間限定カフェ【サーペンタインパビリオン2018】

ロンドン公園

毎年、ハイドパークのサーペンタインギャラリー側に出現するパビリオン・カフェを、ロンドンの夏の風物詩として楽しみにしており、今年もお散歩がてら行って参りました。

この記事は、サーペンタインパビリオン2018と、ハイドパークの湖上に突如現れた赤と紫のド派手な建造物・The London Mastabaについてです。



サーペンタインパビリオンとは

毎年楽しみに行っているハイドパークの期間限定夏カフェとは、ケンジントンガーデンの中の、サーペンタインギャラリーによるアート活動の一環で、ギャラリーの隣に6月下旬~10月上旬まで出現するアーキテクチャー・アートです。(ハイドパークとケンジントンガーデンはつながっています。)

「期間限定カフェ」ではなく、「サーペンタインパビリオン」と呼ばれています。

初めて出掛けた2015年のパビリオンがフォートナム&メイソンのカフェで、「公園の中に期間限定F&Mカフェができてる♪」とテンションが上がり、それ以来毎年楽しみになりました。

F&Mより

The London Mastaba

さてさて、今年のパビリオンはどんなアートでどんなカフェかな?ワクワク。

ハイドパークは広大な分、色々な駅から歩いて行けますが、今回はKnightsbridge駅から歩いて行くことに。

ナイツブリッジ駅からハイドパークまでは徒歩4分。公園の中に入ってからサーペンタインギャラリー&パビリオンまでは徒歩12分です。

写真↑のサイクリングロードを渡り、そのまま歩くと。

突如、ド派手な赤と紫の建造物が視界に飛び込んできました!

「なんだ!?あれは!!いつもはあんな建築物ないから、あれが今年のカフェかな・・?」

でも、そのド派手な建造物は、なんと湖の上に浮いているのです。

橋もなくて渡れないよー。

見る角度によって見え方の違うこの面白い建築物は、ブルガリア出身のクリストという芸術家の最新作で、「The London Mastaba」というタイトルでした。

Mastaba マスタバとは、古代エジプトの巨大な墳墓。

このロンドン版・巨大墳墓は、なんと7506個のドラム缶でできており、陽の光によってマスタバの色が違って見え、水面に映る色にも変化が起こるようです。

それにしても存在感が大きい!一発でいつもの風景が変わりました。

チェス太
このド派手な墳墓を、ためらいもなく王立公園のど真ん中に作ってしまうところが、ロンドンですよね。
この作品の公開に併せて、サーペンタインギャラリーにてクリストと彼の亡き妻ジャンヌ=クロードの展覧会を開催中。
The London Mastabaが見られるのは、2018年6月18日~9月23日まで。期間限定公開です。

サーペンタインギャラリー

突然墳墓ができていた湖(サーペンタインレイク)を通り過ぎ、サーペンタインギャラリーへ。

サーペンタインギャラリーは小さな美術館で、近代美術・現代美術が展示されています。

2018年6月~9月9日にかけては、前述のアーティスト、クリストの展覧会が開催中。

大企業のスポンサーや個人の寄付のお陰で、入館料は無料。

“You Are Here” と書いてくれている地図もあるので、位置関係がわかりやすい。

今日の目的の「期間限定夏カフェ」(正確にはサーペンタインパビリオン)は、このサーペンタインギャラリーの隣です。




サーペンタインパビリオン(期間限定アートカフェ)

さて、今年のパビリオンは、どんな感じかな!?

じゃじゃーん!

あれ?・・随分、地味じゃない?

では違う角度から。

うーん、やっぱり地味。

2015年のフォートナム&メイソンカフェの時のような華やかさはないなぁ。

ですが近づいて行ってみると、ある事に気が付きます。

壁が全部、一枚一枚の「瓦」でできているのです。

わお!和風じゃないかー!

和風だけれど、地震が来たら一瞬で終わりそうな、日本では絶対にできない和風建築!(そもそも瓦を壁には使わないですね。)

今年のパビリオンを手掛けたのは、メキシコ人女性建築家のフリーダ・エスコベドさん39歳。

今までサーペンタインパビリオンを手掛けた建築家の中で、最年少だそう。

「高価なものを使ってではなく、シンプルな物を使用して洗練された形を作りたかった」と彼女が語ったそのアーキテクチャは、ツルッツルの床と思いきや水が張ってあったり(気が付かずに入ってしまった)、人間が天井に映ったり、中々斬新。

クリスト展による、Tシャツも売られていました。こちらも・・、日本っぽい♪

ここで友人と落ちあい、お茶をする予定だったのですが、何だかカフェに全然力を入れていない感じが・・。

2015年はフォートナム&メイソン、2016年はハロッズカフェだったのですが、今年はいったい何カフェなんだろう。無名カフェ?

“「和」をテーマに、洗練された暮らしを享受するハイクオリティーマンション。”

そんなキャッチコピーが浮かんできてしまったチェス太。

日本の高級マンションのエントランスみたいだな・・って。

こちらの個室カフェスペースが空いたので、友人たちと少しの間座って休み、お茶はせずにそのままランチへ向かう事に。

公園の中のアート空間は心躍りますが、「花より団子」という言葉もあるように、是非、来年は中に入れるカフェにも力を入れて頂きたいところ!

「すごく良かったです♡」的なパビリオンレポートにならなくてすみません。

ですが、気候の良い時期のハイドパークは、歩いているだけでもとても気持ちよく気分爽快なので、The London Mastabaと併せて散策すると楽しいことは間違いなし!
イギリス人のように緑の中を歩きながらお喋りをするデートやワークアウトを、この夏取り入れてみてはいかがでしょうか。

ハイドパークから歩いて行ける上海料理はこちら↓↓↓

Noodle Oodle クイーンズウェイの手打ち麺チャイニーズ

2018.07.09

次の記事へ↓↓↓

キングスクロスのリアルフードマーケットは高品質な食べ物の宝庫だった

2018.07.06