キングスクロスのリアルフードマーケットは高品質な食べ物の宝庫だった

ロンドン食

先日ご紹介したホルボーンの行列ベトナム料理店 Banh Mi Bayでランチをした後、お店の前の通りからバスにひょいと乗り、キングスクロスへ向かいました。

※歩いても17分で徒歩圏内なのですが、17番・45番・46番のバスに乗れば、6分でSwinton Street・キングスクロス近くに到着。

すると、今までに見た事のないマーケットが出ているではありませんか!

しかも出店しているお店&食べ物のクオリティが高い。バラマーケットで有名で日本のTVでも紹介された、世界で2番目に美味しい(!?)ドーナッツも販売されています。

この記事は、キングスクロス駅前にある、「リアルフードマーケット」についてです。



リアルフードマーケットとは

Real Food Market とは、2008年以来、ロンドンで有名なフードフェスティバルを開催している「リアルフードフェスティバル」という団体が、”規模は小さいけれど味と素材はトップクオリティ” なお店を支援すべく、立ち上げたフードマーケット。

以前はサウスバンクで金土日に行われていたリアルフードマーケットですが、現在はキングスクロスに移動し、水木金に開催されています。

場所は写真↑のキングスクロス・スクエア(Kings Cross Square) 。

リアルフードマーケットのこだわりのお店

”規模は小さいけれど高品質な食品を提供するお店” とはいったいどんなお店でしょうか。

フードストールを一店舗ずつ見ていきましょう。

セルビアのヘルシーで美味しいタルトたち

Popina

オーガニックの小麦粉・卵・バターを使用して焼いている手作りタルトベーカリー。食材は調味料まで自然派にこだわり、食事系からスイーツまで、幅広く人をHappyにする味を創り出している。

「こんな美味しいブラウニーは初めて食べた」との感想あり。

「ヘルシーで美味しいお食事系タルト」に強いお店です。

いろいろな種類のトルティーヤ(スパニッシュオムレツ)

トルティーヤ(スペインオムレツ)のお店。店名がわからずに申し訳ないです。

試食させてもらい、その時お腹いっぱいだったのですが、美味しかった。

シチリアのお菓子、カンノーリ専門店

Casa Cannoli

シチリアのお菓子、カンノーリの専門店。カンノーリとは、カリカリに揚がった皮の中に様々なフレーバーのリコッタチーズが入ったお菓子。

映画ゴッドファーザーに「銃は置いて行け。カンノーリは持ってきてくれ。」” Leave the gun. Take the cannoli.” という名台詞があります。また、カンノーリを使った毒殺シーンもありました。

カンノーロ・シチリアーノは男女の愛の象徴。皮は、男らしさ、厳格さを表現し、純白さ、柔らかさ、優しさ、繊細さ、といった女性らしさを表すリコッタを抱くように守り包んでいる。

ELLE GROUMETより

シチリアっぽくて、素敵でしょう?

本場シチリア以外では美味しいカンノーリに出会う事は難しいのですが、それを覆そうと、材料を全てシチリアまたはイタリアの他の地域より取り寄せ、本格的なカンノーリを作り販売しているそう。

ロンドンで売られている一般的なカンノーリより少し値が張りますが、ここはシチリアに行ったと思って、試してみる価値あり!




ポーランドの手作りピエロギやサラミ

The Polish Deli London

2009年にポーランド人夫婦によって立ち上げられた、美味しく本格的なポーランド料理を提供するお店。

手作りのピエロギ(ポーランド餃子)、ペイストリーや、ポーランドの伝統製法で作られたKabanos(サラミ)を販売。

フレッシュな素材のみで作られたエッグタルト、ケーキたち

Galeta

保存料・その他の添加物完全無添加のエッグタルト屋さんで、Great Tasteの賞も受賞しています。

クッキーやケーキ、クロナッツも同じくフレッシュ。

100%自然な食材で作られた新鮮なお菓子を食べられるのも、フードマーケットの魅力ですよね。

ネット販売もしていますが、配達料金が£9(¥1,350)ほどかかってしまうので、見つけたらここで手軽に買うのが吉。

びっくりするほど美味しいマカロンのお店

giselle richardson

「マカロンアイス美味しそうだなー」なんて思いながら普通のマカロン(ブラックベリー味)の試食があったのでそちらを食べてみたら・・

衝撃的に美味しい!!

ラデュレよりピエールエルメよりフォートナムメイソンより、断トツに美味しいマカロンでした!!

この時お腹いっぱいでしたし、最初買うつもりはなかったのですが、こちらは試食して即購入。

ブラックベリー味とソルティドキャラメル味、ストロベリーミント味を頂きルンルンだったのですが・・。

バッグに入れ持ち歩いて帰宅したら潰れてしまっていた!

しょぼん。手提げ袋もらえばよかった。

ええい、もう、食べてしまえ!

ソルティドキャラメルは濃厚すぎて好みでなかったのですが、ベリー系は爽やかで非常に美味しかったです。

チェス太
他のマカロンの名店に比べ、新鮮なベリーの味がダイレクトに伝わってきます。
チェス太おすすめ☆
新鮮な素材を使用するので、季節によってマカロンの味の種類も変わります。



生地も中身も全て手作りのドーナッツ屋さん

Crosstown Doughnuts

マリルボーンやビカデリー、ソーホー、ショーディッチ等に店舗を持つドーナッツ専門店。

新鮮な材料を使ってその日に手作りされたドーナッツを販売。

ドーナッツの中に入っているジャムやカスタード、フィリング、トッピングも全て手作りで、材料は最良のものを使っているそう。

バラマーケットで有名な世界で2番目に美味しい(!?)Bread Aheadのドーナッツストールもあったので、お腹に余裕があれば食べ比べも良いですね。

営業日時と場所

キングスクロス駅目の前のEuston Road沿い、キングスクロス・スクエアにて、水曜~金曜12時~19時に開催されています。

ハリーポッターの9と4分の3番線もすぐ近く。

real food festivals より

材料と新鮮さにこだわりがある分、普通のお店よりも値の張るフードが目立ちましたが、選び抜かれたフードが屋台で簡単に手に入るのが、ロンドンの食の面白さ。

今回ご紹介したストール以外にもたくさんのお店があったので、お近くに行かれたら是非立ち寄られてみてください。

「ロンドンは不味い」なんてとんでもない。新しい発見があるはずです。

以上、キングスクロスのリアルフードマーケット についてでした!

次の記事へ↓↓↓

Noodle Oodle クイーンズウェイの手打ち麺チャイニーズ

2018.07.09
Real Food Market
N1C 9AL
金土日は、キングスクロスの別の場所でCanopy Marketが開催されています。こちらもReal Food Festival主催なので、味にも期待できそうです。