オーロラを観にフィンランドの北極圏へ。宿選び 1

フィンランド




ずっと以前よりオーロラを観てみたいと思っていたのですが、「小さい子供がいるから今は無理かな」と思っていました。

それから6年ほど経ち、子どもが10歳になったので、行ってみることに。

すると、1歳のお子さんを連れてきているファミリーがいたり、オーロラも宿の敷地から観る事ができたり、「小さな子連れでも行けたね!」という感想を持ちました。

この記事が、「オーロラを観てみたいけれど子連れで大丈夫かな・・」という方のお役に立てれば嬉しいです!



オーロラが高確率で観測される場所・フィンランドのイバロ

 

3月18日から4泊で、オーロラを観に北極圏へ行ってきました。

行ったのは、フィンランドのイバロ。

オーロラ旅行で有名なサーリセルカから車で40分ほど北、サンタクロース村で有名なロバニエミからは、バスで4~5時間ほど北です。

 

 

イバロは写真の青●のところ。

空港はイヴァロでも、サーリセルカに泊まる日本人の方が多く、イヴァロ宿泊はマイナーなイメージですが、アットホームで自然味溢れていて、お勧めですよウインク

因みに、ロバニエミはそれほどオーロラ観測率が高くないので、オーロラを観たくてフィンランド北部へ行かれる人は要注意です。

「オーロラ旅行」と銘打ちながら、ロバニエミ宿泊になっている旅行会社のプランも時々ありますが、

観測率を高めるためには、サーリセルカ以北へ行かれることを強くお勧めします!

そして今回、パパは都合で一緒に来られず、私と子どもの二人旅行になりました。

母子で北極圏、しかも、サーリセルカの明るい街じゃなく、ホテルからもオーロラ鑑賞が可能な光害のない、人里離れた森の中にある場所に宿泊。

正直、行く前は不安でドキドキしました。

だって、極度の方向音痴なんですもの。私も息子も。

雪原の中で迷子になったら凍死しちゃうんじゃないかとか、少し心配になりました。



犬ぞりのゲストハウスとガラスイグルーを予約

もう一つ、ドキドキしたのには、予算が今までの旅行とは違って高いという事も。

一度は憧れる、ガラスイグルーの中の温かいベッドに横になりながら観るオーロラキラキラ

かの有名な、カクシラウッタネン in サーリセルカ。

よく旅行会社のパンフレットで目にしていたので印象的でした。

 

しかし、今回私たちが泊ったのはこちらではありません笑。

なぜなら、カクシラウッタネンは、

  1. 口コミ評価があまり高くない
  2. 一つ一つのイグルーが近すぎて、明るすぎてオーロラが見えずらいとの感想を発見。
  3. すごーく高くて手が出ない

の理由からです。

3. の理由が一番大きかったかな汗

チェス太
でもリーズナブルでとても良いガラスイグルーの宿を見つけたので、結果的には良かったですよ

せっかく行くからには妥協したくないのもあり、ガラスイグルーへの憧れキラキラもやはりあり、4泊中2泊を、少しリーズナブルで割と空港に近い、新しめのガラスイグルーに泊まってみることに。

そして当ブログのタイトルにもなっていますが、子連れ旅行は体験型の旅行にしたい

「ただホテルに泊まるのではなく、なるべくならエキストラの体験を子どもにさせてあげたい」という思いを持ちながら色々探した結果、

前半2泊はハスキー犬のゲストハウスGuesthouse Huskyに泊まり犬

SAMILAND VILLAGEより

 

後半2泊はガラスイグルーホテル、オーロラビレッジに泊まることに決定星

Aurora Village

前半のゲストハウスは、犬ぞりをするハスキー犬ファームの敷地に建てられたゲストハウスで、オーナーとの距離が近く、動物と身近で触れ合えます。

そして、評判のとても良いゲストハウスは確実に食事が美味しいキラキラ

オーナーが自ら作る家庭料理は、レストランのそれとは違い、優しい味でスープも全部飲み干したくなる美味しさがあります

チェス太
異国の地で、その国の美味しい家庭料理を食べる。
是非、海外旅行で経験したいと思いませんか?照れラブ

今回はエクスペディアで飛行機チケット+オーロラビレッジを予約し、(オーロラビレッジ単体で予約するよりもかなり安く予約できました。)

ゲストハウスハスキーは、【Booking.com】から予約。

本当はHotels.comのポイント(10泊貯まったら1泊無料)を貯めているのでそちらが良いのですが、Hotels.comには掲載がありませんでした。(オーロラビレッジは掲載有り。)

子どもの服装。どんなコートが良いか

行きの飛行機から。

眼下に広がるのは、雪と氷と黒い岩(に見える)のみ!




イヴァロ空港からタクシーで20分。

夕方、ゲストハウスハスキーに到着。

子ども(10歳)が来ているのは私のダウンコート。

レディースのダウンなんてカッコ悪いかな、と思ったのですが、男の子のダウンコートって丈が短いんですよね。

北極圏では見た目よりも防寒だと思い、私の軽くて扱いやすいダウンコートを子ども用に持ってきて、案外活躍していました。

 

普段はスキーウェア&スノーブーツで外で遊び、

【フィンランド旅行】オーロラまでのお昼の過ごし方 4

2018.04.09

朝方特に冷える時や、「食事のためにちょっと外に出るけれどスキーウェアは大げさ」という時にダウンをふぁさっと羽織るという使い方です。

 

本当は、夜のオーロラ観測の時にスキーウェアの上にダウンコートを羽織ってもらう予定で持ってきていたのですが、

「暑いし動きづらいから嫌だおーっ!

と部屋で反対され、結果観測途中で寒くなってきて割とすぐに部屋に戻る、という、いかにも子供らしい事態にチーン

子どもと初めてのオーロラ鑑賞 in フィンランド 6

2018.04.15

ゲストハウスで子どもと大きなオーロラを鑑賞! 8

2018.04.16

ただ、寒くなったらお部屋に入り、温まったらまた外へ見に行くにやりというのは、ゲストハウスの敷地内でオーロラが観られたからこその贅沢、という事もできますキラキラ

子ども曰くそれがとても快適だったそうですし、小さなお子様連れなら尚更、オーロラツアーに出掛けないこのやり方が良いかもしれません。

実際、1~2歳ぐらいの子を連れてきているフィンランド人家族もいらっしゃいました。

次は敷地内からオーロラ鑑賞が可能で犬ぞりをするのにベストな宿、「ゲストハウスハスキー」についてです。↓↓↓

【フィンランド】家庭料理が美味なオススメ宿!ゲストハウスハスキー 2

2018.04.08
フィンランドが世界一幸せな国である秘訣はSISU(シス)にある↓↓↓