ただ連れて行くだけではもったいない!子どもと美術館 ナショナルギャラリーでの楽しみ方①

Vincent van Gogh, 1853 - 1890 Sunflowers 1888 Oil on canvas, 92.1 x 73 cm Bought, Courtauld Fund, 1924 NG3863 https://www.nationalgallery.org.uk/paintings/NG3863
ロンドン

 

「子どもと美術館を一緒に楽しみたい」

そんな気持ちがずっとありましたが、絵画鑑賞にイマイチ興味のない息子。

難しいだろうなと思って諦めていましたが、

①友達と一緒にワークショップ方式で絵画を見つける

②子供向けのアクティビティに参加

カメラワークショップに参加!子どもと美術館 ナショナルギャラリーでの楽しみ方②

2018.04.06

することで、とても楽しい時間を美術館で過ごすことに成功しました。

 

今回はロンドンの誇る世界10大美術館のうちの一つ、ナショナルギャラリーでの「①友達と一緒にワークシート方式で絵画を見つける」と、館内のお洒落なカフェについてです。

 

ナショナルギャラリー トラファルガースクエア




電車の中で簡単な予習

 

お友達と一緒とはいえ、何せ絵画鑑賞に興味のない息子。

現地集合だったので、行きの電車の中では、少しだけ絵画の予習をしました。

代表的な絵画10点。

子どもも含め誰もが知っているゴッホの「ひまわり」から始まり

Vincent van Gogh, 1853 – 1890
Sunflowers
1888
Oil on canvas, 92.1 x 73 cm
Bought, Courtauld Fund, 1924
NG3863

https://www.nationalgallery.org.uk/paintings/NG3863

 

光と陰影の巧みさで本物のような質感を表現するフェルメール。

「ヴァージナルの前に立つ若い女」

Johannes Vermeer, 1632 – 1675
A Young Woman standing at a Virginal
about 1670-2
Oil on canvas, 51.7 x 45.2 cm
Bought, 1892
NG1383
https://www.nationalgallery.org.uk/paintings/NG1383

 

淡く切ない風景絵画のターナー。(個人的にも好き。)

「戦艦テメレール号」

Joseph Mallord William Turner, 1775 – 1851
The Fighting Temeraire tugged to her last berth to be broken up, 1838
1839
Oil on canvas, 90.7 x 121.6 cm
Turner Bequest, 1856
NG524
https://www.nationalgallery.org.uk/paintings/NG524

 

これまた子供でも誰もが知る、レオナルド・ダ・ヴィンチ。

「岩窟の聖母」

Leonardo da Vinci, 1452 – 1519
The Virgin with the Infant Saint John the Baptist adoring the Christ Child accompanied by an Angel (‘The Virgin of the Rocks’)
about 1491/2-9 and 1506-8
Oil on poplar, thinned and cradled, 189.5 x 120 cm
Bought, 1880
NG1093
This painting is part of the group: ‘Panels from the S. Francesco Altarpiece, Milan’ (NG1093; NG1661-NG1662)
https://www.nationalgallery.org.uk/paintings/NG1093

 

電車の中でこれから観る絵画について学びました。

といってもここはそれほど真剣にやらなくても良いかと思います。

一通り見てもらい、絵についてはなるべく分かりやすい言葉を選びながら軽く説明し、

「美術館でこの絵10点を探して見つけよう!」

という方式にしてやってみる事に。

これは学校の社会科見学に倣ったやり方です。



ナショナルギャラリーで絵画探し

 

いざ、美術館に着いてお友達と一緒にやると、意外や意外、

みんなやる気に燃えていて、探し見つけるのに一生懸命になって大盛り上がり!

 

絵をじっくりと鑑賞する、、というところまではあと一歩ですが、

美術館で楽しむ経験は、知識のベースのない小学生としては大きな一歩でしょう。

 

「フェルメール見つけられなかったんだけど、見つけた?連れて行ってもらえるかなぁ?」

なんてお願いしたら、得意げに案内してくれました。

小学生男子、カワイイ・・!

 

 

ちなみに、ワークシートといっても、特別なプリントを作ったのではなく、

スマホで絵画を10枚、スクリーンショットで保存していっただけです。

参考にしたサイトはこちら

子供達はそれを見ながら絵を探していました。

 

もしくはナショナルギャラリーが「絵画のハイライト30枚」(英語)を公開してくれているので、

その中からピンとくるものを選ぶのもオススメ。

 

展示室番号も書いてあるので、探しやすいですよ。

 

予備知識のない幼稚園児のお子さんは、鑑賞のあと、

「馬の絵が一番好きだった!」と教えてくれました。

これは日本では有名でないですが、ナショナルギャラリーの「ハイライトの30枚」にも入っており、重要な絵画とされています。

小さな子は素直で面白いですね!

 

ちなみに自分が「この絵、良いなー」と思って1枚撮ったのが、この絵。

 

Mountain Landscape with Lightning

 

ガイドブックでも日本のサイトでも見かけませんでしたが、「落穂拾い」で有名なミレーの絵でした。

ぽつんと1点だけミレーの絵が。

Francisque Milletという表記でしたが、別名ジャン=フランソワ・ミレーです。

こういう意外な発見も、面白いですね。



ナショナルギャラリーのカフェ・レストラン

 

ランチも取れるナショナルギャラリーのカフェは、美味しくてオシャレ。

博物館によくあるBENUGOではなく(BENUGOのサンドイッチも悪くはないですが)、

こちらは洗練された印象の、PEYTON and BYRNEです。

カブのスープとコーヒーウォールナッツケーキを頼みましたが、

スープはカブの食感もちゃんと残っていて、ほっこり美味しかった☆

 

カフェは2階(First Floor)、エスプレッソバーは1階 (Ground Floor)にあります。

カフェの奥にある部屋はもう少し本格的なレストラン。

写真は2枚ともカフェです。

カフェ営業時間:

Monday 8am–7pm
Tuesday–Thursday 8am–10pm*
Friday 8am–10.30pm*
Saturday 9am–7pm
Sunday 9am–6pm

エスプレッソバー営業時間:

通常 10am–5.30pm, Friday 10am–8.45pm

次の記事へ>>>カメラワークショップに参加!子どもと美術館 ナショナルギャラリーでの楽しみ方②

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

ナショナルギャラリー

通常: 10am–6pm
金曜: 10am–9pm

1月1日と12月24~26日は閉館。

住所: The National Gallery, Trafalgar Square, London WC2N 5DN

入場料: 無料

※2018年4月9日から7月29日までモネ展が開催されます。お好きな方は要チェック!

モネ展はチケット購入が必要で、平日£20、土日祝£22です。

12歳以下の子ども無料。HPから予約購入できます。