オーロラ鑑賞の前にした準備【子連れに重要】5

フィンランド




この記事は、子どもとオーロラ鑑賞の直前にした準備についてです。

少しの事ですが、これらをやるのとやらないのとでは全く違います。

夕食、仮眠、デジカメの設定、サウナ・・子どもと快適にオーロラを観たい方へ!



美味しいフィンランド家庭料理

オーロラの前に、これも楽しみ夜ご飯もぐもぐ

フィンランドの家庭料理3コース。

前菜のカリフラワーのスープ。

カリフラワーの形がちゃんと残されていて、クリームスープだけれど優しい味で、すごーーく美味しかった。

子どもと絶賛しながら食べましたラブ照れ

メインのビーフとポークの煮込み料理。

写真を撮る前に子どもにお肉を3つあげてしまったので見栄えが・・汗

子どもは大人の半額な分、量も若干少な目なので、私と同じ量を食べる息子(10歳)には少し足りず、私の分を少しあげたのでしたもぐもぐ

今日は昨日と違っておかわりを訊いてもらえなかったので、もう少し食べたかった☆デザートまで食べてお腹は満たされているのですけどね。

美味しくてさっぱりとした家庭料理は、ついつい沢山食べたくなってしまいますハート

ゲストハウスハスキーの夕食やお部屋はこちら↓↓↓

【フィンランド】家庭料理が美味なオススメ宿!ゲストハウスハスキー 2

2018.04.08

オーロラアプリとタイムスケジュール

お部屋に戻り、お昼にインストールしたばかりのオーロラアプリを見た所、今日が滞在中一番オーロラが観測できる確率の高い日

このオーロラアプリはめちゃ活躍してくれました。これに頼りっきりです。オススメ!
そして、雲のカバー率からするに、23時~2時ぐらいが一番見えやすそうだということで、子どもが遅くまで起きていられるように、ディナーの後はすぐに仮眠をとることにしました。

頭の中のタイムスケジュールはこんな感じです。

18:00- 19:00 ディナー

19:15- 21:00 仮眠

21:00- 22:00 シャワー&サウナ

22:00- 23:00 オーロラ観測準備(着替えと防寒)

23:00- いざオーロラへ!

寝起きはぼーっとして寒く感じるので、サウナでゆっくり温まってから、ホカホカでオーロラ観測へ出掛けよう、と手袋

実際は、「こんなに早く寝られないよぅえー?」と子どもが言うのを、

「目をつぶってトライしてみて。」と諭し、パジャマを着てお部屋を真っ暗にしてベッドで寝転びながら、しばらく喋ったりしていました。

すると案外早いタイミングで子どもの寝息が・・!

「なんだ、絶対寝られないなんて言ってた割にはすぐに寝てるじゃん!」

と思いつつ、ほっとして眠りに落ちた私ぐぅぐぅ



オーロラ鑑賞直前の大切な準備

さて、タイトルにした、”オーロラ鑑賞の前に子連れがするべき準備”とは。

「寝て温まる」

まずはこれが重要ですハート

実際に友人もオーロラ鑑賞に家族で出掛けていざオーロラが現れた時、「パパとママは見られたけれども、子どもはその時既に寝てしまっていて見られなかった」と聞きましたからね。

眠気と寒さは、大人はオーロラのためなら我慢できますが、子どもにはしんどい。

親のために多少無理をして我慢するかもしれませんが、眠かったり寒かったりすると、子どもは心から楽しむのは難しいと思います。

でもせっかく行くからにはオーロラも美しい星空も見せてあげたいし、良い思い出になってくれたら嬉しいじゃないですか☆彡

やっぱり子どもに楽しんで満足してもらえると、母親としては一番嬉しいし、ハッピーな気持ちになりますよねニコニコ

なので仮眠をとって起きてから温まるのは、子どもにとって重要です。




さてさて。ふっと私だけ目が覚めて、
「ハッ 寝過ごしちゃってないかな!?」と時計を見ると、まだ20:10。

オーロラアプリでオーロラ観測確率を見ると、20%台。まだ高くありません。

オーロラアプリの観測確率が40%を超えると、大きなオーロラが観られるチャンス大のようです。
でもオーロラツアーに出掛ける人たちの声や足音が聞こえ始めました。

「もしかすると予想よりも早く出るかもしれない・・」と思ったら、もう寝ている場合ではなく、ソワソワと窓の外を覗いてツアーの為に外に出て行く人達を確認していました。

そして、簡単なデジカメの設定

古いデジカメで、性能的にもとてもオーロラが撮れるとは思わないけれど、一応 ”デジカメでのオーロラの撮り方” 的なウェブサイトを参考に、(フィンランドの宿泊施設はWi-Fiのつながりが非常に良いです♪)

  1. シャッタースピードを10~15秒
  2. ISOを高めの3200

に設定し、少しでも撮れるようにとしてみました。

最初のオーロラ発見

「私も外でちょっとだけ見てみようかな・・!」

まだ寝ている子供をそのままに、スキーズボンをパジャマの上に穿いて、スキーウェアを着てちょっと外へ出てみることに。

すると、おっ?

あれは・・、オーロラだ!

向こうの方でもうオーロラが出てる!

しかも、デジカメ&三脚なしでなんとか写った~!!

ひゃっほ~♪

この粗い写真の画像をご覧いただいて、”写った” なんて言うのはお恥ずかしい限りですが、この時の私は、オーロラの光が思ったよりも強くはっきり写ったことにとにかく感動しました。

だって、オーロラを撮る時の基本は一眼レフでレンズの幅がどうとか、三脚は絶対に必要だとか、大体どの記事にも書いてあったんですもの。

しかも、まだ見えないだろうと思っていた20時台の時間帯にもう写真が撮れた星(ぼやけた写真ですみませんあせる

ひとしきりパシャパシャと夢中になって撮ってから、「メインの大きなオーロラが出るまでにはまだ待った方が良いな」と判断し、お部屋に戻ってお風呂と着替えの準備を始めました

チェス太
4時間ずっと外で観ていることはできないので、その日の観測確率の高い23時台を狙って、短期集中決戦です
子どもは21時を過ぎてもまだ起きず・・zzzぐぅぐぅ

21:10ぐらいにもう間に合わないと思い、

「お風呂とサウナに入ってくるけどとどうする? 寝ていたかったら寝ていても良いよ?」と軽く起こして声を掛けると、意外とすっと起き、

「サウナいくー」と、なかなかオーロラ鑑賞に対してやる気の感じられる息子なのでした。

次の記事へ↓↓↓

子どもと初めてのオーロラ鑑賞 in フィンランド 6

2018.04.15
子どもが操縦する犬ぞりについてはこちら↓↓↓

子どもの操縦する犬ぞりで白銀の世界を疾走! 12

2018.04.20
ベッドで寝ながらオーロラを観たい方はこちら↓↓↓

オーロラビレッジとトナカイのお尻♡ 13

2018.04.20

ベッドで寝ながらオーロラ鑑賞 。ガラスイグルーに泊まる価値はあるか 15

2018.04.23
私達の宿泊した宿はゲストハウスハスキーです。



にほんブログ村
お役に立てたら猫↑をクリックしてもらえると嬉しいです!