Aubaine サウスケンジントンのパスタが美味しいフレンチカフェレストラン

ロンドン食




こんにちは。チェス太です。

先日、昔お世話になった恩師がロンドンにいらして、お昼をご一緒しました。

そこで食べたロブスターのパスタに感動した・・!

という事で、今日はサウスケンジントンのBrompton Roadにあるフレンチカフェレストラン、Aubaineについてです。



オーベイン 南仏料理のカフェ兼レストラン

数あるロンドンのレストランからこのお店を選んだのは、愛読書「歩いてまわる小さなロンドン」という本に載っていたから。

現地在住の食レポライターさんが、自分の大切なお友達に薦めるお店を載せたというだけあり、旅行者向けではないお店のセレクションが嬉しい本。

created by Rinker
¥1,944 (2018/09/20 12:34:04時点 Amazon調べ-詳細)

最近この本の著者の江國まゆさんが、新しい本を出版されました。

目次を眺めたところ、非常に魅力的だったので、チェス太も予定外に買う事に。

さて、先生の宿泊場所がサウスケンジントンだったので、そのエリアで探して選んだオーベイン。

本には、”ケーキがおいしいカジュアルフレンチ” とありましたが、チェス太の個人的な感想は、
牛肉のカルパッチョとパスタの美味しい南仏レストラン” といった感じ。

ニュースダイジェストの、ロンドンの、本格ベーカリー9選にも載っていましたし、オールラウンドに美味しい、ハイレベルなフレンチレストランカフェです。

チェス太
カフェとしてもレストランとしても使えるお店でお料理に感動したのは、このお店が初めてです。
レベル高いですよ!!



乾杯は南仏のロゼワインから

普段ランチでは白を飲む事が多いのですが、南仏に長い事お住まいだった先生のご提案で、この日はロゼを注文。

‘Cuvée Alexandre’
Château Beaulieu, Provence, France, 2017
グラスS £8.85

Whispering Angel
Chateau d’Esclans, Provence, France, 2017
グラスS £ 11.5

どちらも南仏のワイン。
ロゼは甘いというイメージがあったのですが、この2つは全くそんな事なく、純粋に美味しかった

2つを飲み比べると、味は違うもののどちらも好き。

注文はしませんでしたが、シラーのロゼ グラスSは£6 でした。

可愛い色もさることながら、甘くなく美味しい。
お天気の良い昼下がりのロンドン、テラスでのロゼは、最高に気分が上がります!!



前菜の牛肉のカルパッチョに脱帽

前菜に注文したのは、ブランチメニューのチキンの胸肉コロッケ £6.5と、ビーフカルパッチョ £6.5。

コロッケは、クリーム系を想像していましたが、実際にはナゲットっぽいコロッケでした。

このハリッサマヨネーズは美味しかったですが、何せ”ナゲットっぽい” ので、おすすめは、しないかな!

ビーフカルパッチョ £6.5 が非常に美味しかった!

美味しい生の牛肉の上に、パルメザンチーズとトリュフオイル、ロケットが乗っています。

カルパッチョにトリュフオイルがすごく合う!!

かぐわしい余韻の残る味。



ロブスターのパスタの食感が本場イタリア!

ワインもカルパッチョも素晴らしかったのですが、この日一番感動したのは何といってもロブスターのパスタ

ロブスタースパゲッティ £28

ロブスターにロブスタービスク、ゆっくりローストしたチェリートマトにバジルクレスが散りばめられている、上品なスパゲッティ。

スパゲッティの食感が、イタリアで食べたスパゲッティの食感に似ていました。

モチモチ系ではないけれど、普通の乾麺とは明らかに違う、好みの麺。

素晴らしく美味しいのですが、他のパスタが £14 だったのに対し、ロブスタースパゲッティは倍の価格。

注文する際、恩師に「何が良い?」と聞かれて
「このロブスタースパゲッティが断トツに食べたいです!!」とはさすがに言えずに、先生が食べたいと仰ったのでシェアすることに。

この料金だから、もしかしたらビッグポーションかな?
と少し期待しましたが、出されたのはお上品な分量。

一人一皿をペロリと食べられる量でしたが(とっても美味しかったですし)、ゆっくり飲んでお話ししながら前菜やパンも食べていたら、ちょうど良い感じに。



Aubaine Brompton Roadの店内

人気のレストランらしく、土曜の15時頃だというのに店内は混みあっています。

私達の席の前に座っていたラテン系のカップルが、熱くてイイ感じでした。

この女性に見られるように、この界隈をはじめとする高級エリアのレストランに多いのが、アンチエイジングの施術をふんだんに施した熟年の女性。

特徴的なお顔になるのでパッと見でわかるのですが、ヨーロッパに長年住んでいると皺がすごい事になるので、皺しわのダルンダルンになるよりは、若返って自信とロマンスを取り戻せるのは、ポジティブな生き方と言えましょう。

チェス太
アンチエイジングの整形については沢山のイギリス人女性が関心があるようで、新聞やBBCラジオでも取り上げられています。

ちなみに下の写真のオーベインセルフリッジ店は、インスタグラムで、Top 20 hot spot に選ばれたのだそう。


Selfridgesより

オーベインの総評

パンにもケーキにも定評があり、前菜やパスタも美味しかったのですから、是非また来たいお店です。

お店の雰囲気は、お洒落だけれどカジュアルにリラックスでき、気持ちが良い。

難点としては、食事利用だと値が張るところでしょうか。
(サウスケンジントンという場所柄、仕方がないですね。)

チェス太は今度は友人と、お茶に来たいと思います♪

フランス風のケーキや、フレッシュ(生)ハーブティーが魅力的。
マリアージュフレールの茶葉も、ポットで£4.4と、マリアージュフレール本店よりも安価でいただけます♪

以上、Aubaine オーベイン Brompton Road 店のレポートでした。

オーベインの近くに、ロイヤルアルバートホールもあります!↓↓

ロイヤルアルバートホール 親子オーケストラは子供も楽しめる要素がいっぱい!

2018.05.30

Aubaine Brompton Road
260-262 Brompton Road, London, SW3 2AS




にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
お役に立てたら猫を押してもらえると嬉しいです!