アドリア海でカヤック☆ロクルム島とヌーディストビーチ 2

クロアチア




この記事は、クロアチアのアドリア海でのカヤックと、無人島のロクルム島、子連れでのヌーディストビーチの体験記です。



アドリア海でカヤック

子連れ旅で私が心がけていることとして、

「ただの観光で終わらず、体験できる要素をたくさん盛り込みたい」というのがあります。

クロアチアでも然り。

アドリア海で、カヤックを体験することにしました。

人気観光地だけあり、ドブロヴニクでのカヤックやその他のアクティビティは現地でたくさん客引きをしているので、事前予約等は要りません。

洞窟の中までみんなで行って、そこでシュノーケリングを楽しめます。

私達は・・、水着を持ってきていなかった!><

楽しかったですが、腕がとっても疲れました、シーカヤック・・。

夕方日が暮れてくると、海の波が想像以上に大きくなり、漕いでも漕いでも中々進まない・・。

パパがいなかったら、他の方について行けずに迷惑をお掛けするところでした。

 

終了後、こどもは洋服が濡れていて、日も暮れていたので寒くなり、アパートに帰るまでが大変でした。

ごめんよ、ちゃんとお着替え用意してこなくて。

 

ということで。

海でカヤックをされるなら、十分に暖かく波がまだ大きくないお昼間がオススメです音譜

とはいっても、やっぱりやって良かった!!

大変でも体を動かすのは楽しいし、そこから眺める景色はとっても綺麗だったんですものラブラブ

エンジンのついた観光船では感じられない、海の息を感じました。

当時子どもは4歳。あれから6年が経ち、今は10歳。戦力になる!

またやりたいなぁと思います。



ロクルム島へ船で出発!

翌日は無人島へ出発!

ドブロヴニクの旧市街から、船で10- 15分です。

ロクルム島というこの無人島、孔雀だけが住んでいてヌーディストビーチのある、魅惑の島なのです。

無人島に船で行くってなんだかワクワク・・♡

孔雀がたくさんいるなら動物好きな息子もきっと楽しめるだろうと。

個人的には初体験のヌーディストビーチにも興味津々です。

いましたいました、野生の孔雀。

触ろうとして追いかけようにもあっという間に逃げてしまいますが、孔雀だけが住んでいる島って、何とも不思議です。

子どもは孔雀の島を気に入り、思っていたよりも長時間この島で過ごしました。

「何時から何時までココ!」というようなスケジュールのない旅、

気に入ったらその場所で気の向くままに過ごす旅が、子連れには良いですよね。

ルートも決めずに子どもの直感で進みたい方へ!

岩に囲まれた湖のある、島の奥の方まで探検できちゃいました。



ヌーディストビーチには美女がいた!?

そしていよいよ、島の最南端にあるヌーディストビーチへ。

カメラと水着禁止の絵、わかりやすいです。

なのでこのビーチの写真はないのですが、一人で来ている綺麗な女性もいましたよ

ご想像通り、男性のカップルも。

家族連れはいなかったな。

 

けれど一糸纏わぬ格好で潮風に吹かれる気持ちよさ音譜

開放的で、最高でした。

 

なぜか、パパは恥ずかしがってパンツを穿いてしまっていました。

もう、ダメだって書いてあるのにー。

 

としばしくつろいでいましたが、

なんと海の遠くの方を、遊覧船が通るではありませんか!

しかもたくさんの観光客が、双眼鏡でこちらを見ているー!

えーーっ!!ガーン

そんな事もたまにありますので、悪しからず♪

次の記事へ>>>ロープウェイと城壁巡り。旧市街のアパートについて in ドブロヴニク 3


にほんブログ村
お楽しみ頂けたら猫↑をクリックしてもらえると嬉しいです!

ロクルム島の行き方

ドブロヴニクの旧港から船で10~15分。時期によって本数やスケジュールが変わるので、ロクルム島行きフェリー乗り場で都度確認されることをお勧めします。