【スコットランド観光】エジンバラの雄大な丘でハイキング!

スコットランド、湖水地方




スコットランドの首都であり、街自体が世界遺産の「エジンバラ」。

8月に行われるミリタリータトゥー(伝統衣装を着た各国のバンドやダンサーによる音楽・パフォーマンスのショー。)を目的に訪れましたが、雄大なエジンバラの丘(アーサーズシート)でのハイキングが非常に良かった!

この記事は、地球科学館ダイナミックアースと、エジンバラの丘「アーサーズシート」を登った子連れハイキング、雄大な景色についてです。



ダイナミックアースで地球を体験

ハイキングの前に、ダイナミックアースという地球科学館で、ビッグバンから恐竜時代、氷河期、熱帯雨林や北極圏を体験しました。

子どもの中で恐竜ブームだったので、エントランスをくぐっていきなり恐竜が現れた時は「やった♪」と。

恐竜とどちらが速く走れるかのアトラクションで、何度も競走。

自然史博物館と科学館の両方の要素があり、体験型の展示が楽しいのでお子様連れにはおすすめです。

北極体験コーナー
北極と同じ温度の部屋で、北極に住む動物や先住民の展示を見ながら、実際に触って感じる事ができます。

時期ごとに色々なイベントが催されているので、ホームページで確認してから行かれると良いでしょう。直近では、ドームシネマで月のショーや、360°ショードームも魅力的

朝は雨だったけれど、ダイナミックアースを出たらキラッと晴れていた!

よーし、いくぞ!ハイキング♪



アーサーズシートを目指し、エジンバラの丘を登る

アーサーズシートとは

アーサーズシート(アーサーの玉座)は、エジンバラ城から東へ1.6kmのホリールード・パークにあり、この辺り一帯の中ではもっとも標高が高い丘。

重要な地質学的特徴や草地の生息環境、希少な動植物種の保護のため、自然保護区に指定されています。

アーサーとは、ブリタニア(古代ローマが現在のイギリス南部に置いた州)の王、アーサー王の事です。

丘の前に、馬に乗った警察官が。

ロンドンでも時折見かける、馬に乗った警察官。イギリスの警察には騎馬部隊があり、車両が入れない場所や、大きな公園の周りを中心にパトロールをしています。その他デモの収拾にも騎馬部隊が駆け付けるそう。大衆心理的に、武装した警官よりも馬相手の方が暴力を働かなくなる為に、警官も少人数で済むのだそうです。

丘のハイキングスタート!

それではアーサーズシート(王の玉座)を目指して、エジンバラの丘のハイキング、スタート!

既にとても眺めが良いですが、ここはまだ一合目。

手前に見えている白い大きな建物が、先ほど訪れたダイナミックアース(地球科学館)。

個性的な岸壁。”地質学的に重要” と言われているのが分かる気がしますね。

他に誰もいなかったら多分迷子になっていたと思いますが、人がパラパラといるので、人の方向に歩いていけばやがてアーサーズシート(アーサーの玉座)に辿り着けます。

子ども5歳。4~5歳の子連れでも歩ける距離なので、ファミリーには是非お勧めしたいハイキング。

チェス太
同じ距離を街で歩こうとしたら到底無理ですが、自然の中のハイキングだと、ゴールを目指し、自らどんどん歩いてくれます。



これぞスコットランド!丘の雄大な景色

出たー!スコットランドらしい、雄大な丘の景色。

これぞ、ザ・スコットランド!イングランドとの違いを感じます。

チェス太はこの丘の風景が非常に気に入りました。

登ってきた者にしか分からない爽快感とこの雄大さ!

作家ロバート・ルイス・スティーヴンソンは、「規模からすると丘に過ぎないが、その荒々しい姿は立派な山である」と表現している。 Wikipediaより

アーサーの玉座まであと少し!景色はもう素晴らしいけれど!

けっこう風強いよー!!

海側と、

街側。見下ろすのは世界遺産の「エジンバラ旧市街と新市街」



ゴール!アーサーの玉座に到着!

ついにゴールのアーサーズシートに到着!!

やったー!!!

さすが王の玉座、街も海も空も見渡せる!景色最高!!

だけれど・・、

強風吹きまくりめっちゃ寒い!!

風に吹かれすぎて顔がやばい!

「王の玉座」は風が強すぎ・寒すぎで、ここでゆっくり座って寛ぎたいとは思えませんでした!

「頂上に着いたらおやつ食べようね♪」なんて言っていましたが、それどころじゃない!

チェス太
チェス太も風に吹き飛ばされて転びかけました。

アーサーズシートは、雄大な丘というよりは、ゴツゴツした岩山です!



下りも美しいエジンバラの丘

ハイキングの頂上で優雅に寛ぎたかったけれども、強風で寒すぎるので、早々に撤収!

おやつの「スコットランド名産ファッジ」を口に入れながら駆け降りる!

だけれども下りの景色も美しいのです。

スコットランドを代表する文豪、サー・ウォルター・スコットを記念して建てられたスコット・モニュメント。

カールトンヒルに、トラファルガーの海戦の勝利を記念して建てられたネルソン・モニュメント。

自由気ままに立ち止まったり寝転がったり、寛ぐ旅。

スコットランドの北部・ハイランドへ行けばそれは雄大な自然の中に浸れるでしょうが、チェス太達はエジンバラ・湖水地方をセットにして巡ったので、エジンバラの丘でお手軽にスコットランドの自然を満喫しました。

小さな子連れなので、移動時間を少なく、現地滞在時間を長くできるようにしています。身軽にゆったり、快適に!!

ゆったり快適に下りてきたまでは良いものの、街で迷い、アーサーズシートからホテルに戻るまでに2時間かかる・・。

終わりに

スコットランドの丘の風景、いかがでしたでしょうか。

地球科学館のダイナミックアースアーサーズシートのある丘はすぐ傍にあるので、くっつけて行かれると便利だと思います。

半日で科学にも自然にも触れられるコースです。

丘の向かいにあるスコットランド国会議事堂。モダンでかっこよすぎる!

エジンバラ城でのミリタリータトゥーにこの後行きました。
2018年のチケットもまだ購入可能です!↓↓↓

ミリタリータトゥー【2018チケット】エジンバラ夏の祭典

2018.05.17
エジンバラの街観光とオススメのスコットランドお土産↓↓↓

エジンバラ観光 街とスコットランドの美味しいお土産3選!

2018.05.21
エディンバラまで行ったら湖水地方も近いです↓↓↓

【世界遺産】湖水地方の本当に美しい訪れるべきエリア2箇所

2018.05.31
A04 地球の歩き方 湖水地方&スコットランド 2018~2019  2018年6月21日発売予定。

Arthur’s Seat
Holyrood Park, Edinburgh EH8 8HG